第26回造血器腫瘍研究会のご案内

第26回造血器腫瘍研究会は、東北大学の清水が世話人として開催することになりました。
現在、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底したうえで、現地会場現地開催を目指して準備を進めております。
参加および発表をご希望の場合は、第26回造血器腫瘍研究会HP(https://hematopoietic-tumor.jimdofree.com)へアクセスいただき、「参加申込フォーム」および「演題登録」よりご登録お願いいたします。
演題登録受付期間は、2021年8月18日(水)~2021年10月20日(水)を予定しています。
ご多忙中かと存じますが、みなさまのご参加および演題登録をお待ちしております。
ぜひご参加くださいませ。

◆詳細
第26回造血器腫瘍研究会
日時:2022年1月21日(金)・22日(土)
場所: 東北大学 医学部開設百周年記念ホール
参加費:1,000円
演題登録受付期間 2021年8月18日(水)~2021年10月20日(水)
https://hematopoietic-tumor.jimdofree.com

懇親会
日時:2022年1月21日(金)を予定
参加費:5,000円(未定)

第25回造血器腫瘍研究会のご案内

造血器腫瘍研究会は,1996年に大木操先生(国立がんセンター研究所,当時)と故平井久丸先生(東京大学血液内科)が中心になって進められていた厚生省班会議を,お2人が発展させる形で発足させたものです。大木先生が退かれた後は,国立がん研究センターの北林一生先生が運営を引き継ぎ育んでこられました。班会議時代は,染色体転座の研究から花開いた白血病細胞の転写因子研究が盛り上がり,その後,造血幹細胞生物学,転写制御,シグナル,エピゲノム制御,ゲノム研究など,基礎血液学分野の新しい情報が真っ先に発信される場として,多くの研究者の重要な集いの場になってきました。爾来4半世紀が過ぎ,近年は治療法開発に直結する研究成果も発信されています。

2020年は東大医科研の北村俊雄先生を会長として,1月31日〜2月1日に神戸のポートアイランドにおいて開催され,それまで以上に多数の参加者が集いました。今回は新型コロナ感染症蔓延下での現地開催は困難と判断,筑波大学血液内科の千葉がお世話して第25回としてWEB開催することになりました。

以下の要領で事前登録制にて開催しますので,参加をご希望の場合は「第25回造血器腫瘍研究会参加希望」の旨を,

schiba-tky@umin.net

までご連絡ください。追って,ZoomのURL等情報をお送りいたします。それでは,Zoom上でお会いできるのを楽しみにしております。

会議

日時:2021年1月23日(土) 8:55〜17:05

場所: WEB上

参加費:なし

懇親会

日時:2021年1月23日17:30頃を予定

場所:WEB上

会費:なし

第25回造血器腫瘍研究会 会長 千葉 滋 (筑波大学医学医療系血液内科)